スポンサーサイト
--年--月--日 (--) | 編集 |
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
お盆が終わって
2010年08月27日 (金) | 編集 |
オレンジ・パウも通常営業に戻っています

みなさん旧盆中はいかがお過ごしでしたか?

20101obo01.jpg

地元のかたは親戚周りやご先祖様へのうーとーとーの準備であっというまの3日間だったかもしれませんね。
我が家も義母の初盆ということで慌しく過ごしました。

初日のウンケー(お迎え)の日は義母がいる霊園に行ってきました。
澄んだ空と海が綺麗なお迎え日和でした

20101obo02.jpg

初日の夕方からウンケージューシーをお供えしてお迎え。
ナカヌヒー(なか日)も朝・昼・おやつ・夕と生前義母が好きだった食べ物をお供えしました

私のへたっぴな料理で申し訳ないな?と思いながらも、優しかった義母はきっと「おいしいよ?」と笑いながら食べてくれたのではないかと思います。

20101obo04.jpg

仏壇前には果物やお菓子などもたくさん並びました

亡くなる前は大好きだった食べ物も口にできなくなってしまっていたので、きっとこの初盆期間は沢山おなかいっぱい食べてくれたんじゃないかと思います。

20101obo03.jpg

最終日のウークイ(送る日)は、朝からひとりで重箱用の料理作りに奮闘
9品をなんとか作り終わってから、「あ、作り方間違えた」となるものもあったりで
でもま、はじめてだししょうがないか・・・と自分で自分をなぐさめてみたり・・・。

20101obo05.jpg

ウークイの夜は義妹夫婦も来てくれて、いっしょにお見送りの準備をしました。
こうしてカニバーキと呼ばれるタライに、あの世に持って帰ってもらうお金(うちかび)や、仏壇にお供えした食べ物や泡盛などを少しずつ入れて燃やします。
気を抜くと火事になりそうな燃え方です

ちなみに聞いた話では、仏壇の左右に置かれている長いさとうきびは、あの世のつえと、荷物を担ぐための棒の代わりなのだとか。

20101obo6.jpg

初体験の我が家はカニバーキと、箸の準備をすっかり忘れていて、台所にあったボウルとトングで代用しました

↓これが、あの世に持って帰ってもらうお金です。
あの世ではこれで幾ら位の額なのかな?(^^)

20101obo7.jpg

最後にカニバーキ(もどき)を持って門扉まで行き、また来年のお盆に来てくださいね?と言いながらうーとーとーしました

こうしてお盆も終わりほっと一息ついてみると、もう8月も終わりに近づいていて・・・
今年もあと4ヶ月なんだな?としみじみ感じている今日このごろです。
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。